メニュー
閉じる
戻る
閉じる

スポーツ名言セレクションBACK NUMBER

池江璃花子100m自由形も優勝…五輪公式サイトも「ミラクル」と称賛した“特別な運命” 20歳のこれまでと今

2021/04/08 18:05

 

競泳の日本選手権女子100m自由形で優勝し、4位の大本里佳(左)と抱き合って喜ぶ池江璃花子。ともに400mリレーの東京五輪代表に決まった

雑誌「Sports Graphic Number」と「NumberWeb」に掲載された記事のなかから、トップアスリートや指導者たちの「名言」を紹介します。今回は池江璃花子にまつわる4つの言葉です。

<名言1>
フライングするんじゃないかというくらい震えが止まらなくて、いつもと違いました。
(池江璃花子/NumberWeb 2021年3月4日配信)
https://number.bunshun.jp/articles/-/847234

◇解説◇
 2021年4月の競泳日本選手権で見事な復活劇を見せてくれた池江。100mバタフライ優勝時には英「BBC」などが速報で報じ、五輪公式チャンネルも「Miracle worker」との見出しで称賛するなど世界的なニュースとなったが、その復活の道のりをたどると……葛藤や不安を乗り越えていったことがよくわかる。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加