メニュー
閉じる
戻る
閉じる

競馬PRESSBACK NUMBER

桜花賞に国枝師が送り出す、“ディープ似”と“ソダシと互角”の2頭は「ポストアーモンドアイ」になるか

2021/04/09 11:01

 

阪神ジュベナイルフィリーズでのサトノレイナス(左)とソダシ。このレースをクビ差で制した白毛馬に国枝師が再び挑む

photograph by

Satoshi Hiramatsu

 今週末、阪神競馬場では第81回となる桜花賞(GI、芝1600メートル)が行われる。3歳牝馬による3冠レースの第一弾。いよいよクラシックシーズンの幕開けだ。

 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)を優勝し、2歳女王となった白毛馬ソダシが注目されるこの1戦に、アカイトリノムスメとサトノレイナスの2頭を送り込むのが美浦の国枝栄調教師だ。同師は過去に2度、桜花賞馬を育てている。

 アパパネとアーモンドアイだ。

 前者は2010年、後者は2018年にそれぞれ桜花賞を制すと、そのままオークスと秋華賞も優勝。いずれも牝馬3冠馬となっている。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加