メニュー
閉じる
戻る
閉じる

話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

8試合で9得点は“攻撃が単調すぎる”? 対湘南戦で見えた「川崎Fにあって名古屋にない」決定的な差とは

2021/04/08 18:15

 

7日の湘南戦ではボールに絡む回数が少なく、周囲との連係もいまひとつに見えた柿谷曜一朗(名古屋)

photograph by

J.LEAGUE

「サッカーの試合ではよくあることですけど、全員でペナルティエリアに入ってきて守るという相手には苦労します。(10人の相手に)やるべきサッカーにトライしたんですけど、守り抜かれてしまった」

 試合後、そう語ったマッシモ・フィッカデンティ監督の表情は明らかに不満気だった。

 前半43分、湘南ベルマーレのアンカー三幸秀稔が3分間で2枚のイエローカードをもらい、退場。名古屋グランパスは数的優位に立ち、勝ち点3を得るには願ってもない状況になった。

 だが、その有利さを名古屋は生かしきれなかった。いつでも点が取れるというような思いがあったのだろうか。攻撃が単調で、かつ迫力不足。同じようなリズムでサイドから中に入れるばかり。まるで判で押したような攻撃が続いた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加