メニュー
閉じる
戻る
閉じる

オリンピックへの道BACK NUMBER

「羽生選手の演技を撮影できたとき、報われる思いがありました」 世界選手権を撮影したフォトグラファーが明かす“国際大会の今”

2021/04/11 11:02

 

2021年世界フィギュアで3位になった羽生結弦。非常事態下の国際大会は選手や関係者の力で無事幕を下ろした

photograph by

Asami Enomoto

 3月下旬にスウェーデン・ストックホルムで開催されたフィギュアスケートの世界選手権は、コロナ禍にあって予定通り開催されるのか不安の声も上がりつつ開幕し、無事最後まで行なわれた。

 選手たちは、現地入りする前の48時間以内に受けたPCR検査で陰性を証明することが義務付けられ、入国後はホテルの部屋での隔離を経てその後は外部との接触を遮断する、いわゆる「バブル方式」のもとで出場した。

 コロナの影響を受けたのは選手やコーチばかりではない。取材にあたったメディアもまた、厳重な取り組みを強いられた。

「最後まで撮りきれるか、それが隔離中からずっとある大きな不安でした」

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加