メニュー
閉じる
戻る
閉じる

ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

25歳で「クビになる可能性」を意識した脱臼から復活… 関根大気が“DeNAの粘り役”になれたワケ【3月に入籍】

2021/04/12 11:02

 

関根大気はDeNAで生き残るため、日々努力し続けている

photograph by

Sankei Shimbun

 潮風にのって関根大気の登場曲であるDUFFの『ひとりじゃない』が横浜スタジアムに響き渡ると清涼感が漂い、そしてふと胸が熱くなる。173cmの小柄な関根が両手でバットのグリップを強く握りしめバッターボックスに入る。ここは"約束の場所"だ――。

 入団8年目にして初めて手に入れた開幕スタメン。関根は、2番打者として開幕から6試合連続安打をはじめ犠打や進塁打、走塁、打席での粘りなど三浦大輔新監督が目指しているとおぼしき野球の一端を表現する選手として存在感を示している。

 この数年、自分の野球人生を深く鑑み、結果、アピールすることも競い合うことも意識の外に置き、野球を始めたころのように"純粋に楽しむこと"にマインドシフトすることで手に入れたという現在の状況。関根にあらためて「野球を楽しんでいますか?」と尋ねると、爽やかな笑顔で返してくれた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加