メニュー
閉じる
戻る
閉じる

バレーボールPRESSBACK NUMBER

「別人です、別人」14年ぶりVリーグ優勝へ導いた柳田将洋の“変貌”…日本代表主将は交代も「ショックはない。だって石川なら」

2021/04/11 11:00

 

リーグ優勝に貢献したサントリーサンバーズの柳田将洋。日本代表では主将の座を石川祐希に託す形となったが、「やることは変わらない」とさらなる飛躍を誓った

“PLAY HARD”

 2020-21シーズンのV.LEAGUEを制したサントリーサンバーズが、今季掲げたチームスローガンである。

 昨年、コロナ禍で全体練習ができなかった時期にグループワークを行い、選手たちが自ら決めたテーマだ。体育館には「PLAY HARD」と墨文字で書かれた横断幕が掲げられ、壁にはコート内外での心得が貼られている。たとえば――。

・ボールを最後まで追う。落ちるまで諦めない
・できていること、できていないことを伝える。互いのレベルアップのために妥協しない、させない
・練習前後のセルフコンディショニング
・1日1回は全員とワンラリーの会話をする

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加