メニュー
閉じる
戻る
閉じる

ゴルフPRESSBACK NUMBER

【松山英樹マスターズ優勝】「ザ・マツヤマ」という名のショータイム…見事な勝ちっぷりを予感させた変化とは?「自分が正しいと思い過ぎていた」

2021/04/12 11:03

 

悲願のマスターズ優勝を達成した松山英樹。ローアマ獲得から10年、日本人初の快挙だった

photograph by

Getty Images

 あの日から10年。松山物語には筋書きがあった。

 2位に4打差の単独首位でマスターズ最終日を迎えた松山英樹が、1番ティに向かおうとしていたとき、米国のTV中継で解説を務めていたニック・ファルドは、こう言った。

「マツヤマは米ツアー5勝の実績を持つ。しかし、これから挑む戦いは、その5勝とはまったく異なるステージなのだから」

 その通りだとは思ったが、しかしその5勝以外にも、松山はさまざまなステージを踏んできている。とりわけ、このマスターズ出場は今年が10度目。大学生のうちから挑み始め、この日を迎えた彼の長い長い日々は、何にも負けない武器になる。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加