メニュー
閉じる
戻る
閉じる

沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

【桜花賞】白毛馬初の偉業を遂げたソダシは“2つのテーマ”をクリアした 「話題性だけと見られていたので…」

2021/04/12 11:45

 

昨年のデアリングタクトに続き無敗の桜花賞馬になったソダシ。コースレコードの見事な走りだった

 白毛馬が無敗でクラシックを制する日が来ることを、10年、20年前は、どれだけの人が思い描いただろう。そんな夢物語が、この春、現実になった。

 第81回桜花賞(4月11日、阪神芝外回り1600m、3歳牝馬GI)で、吉田隼人が騎乗する2番人気のソダシ(父クロフネ、栗東・須貝尚介厩舎)が優勝。土つかずの5戦5勝で、白毛馬初のクラシック制覇をなし遂げた。

 ソダシのレースは、どれも感動的だ。それはこの馬が、必ず、私たちが期待していた以上の強さを見せてくれるからだろう。

 今回は、「走る」ということ以外でも、競走馬に求められるテーマをクリアし、トータルな意味で強くなった姿を見せてくれた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加