メニュー
閉じる
戻る
閉じる

酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

村上宗隆に続く“清宮幸太郎の外れドラ1”覚醒か? ロッテ安田尚憲がクラッチヒッターに進化中【週刊セパ記録】

2021/04/13 06:00

 

通算成績は9本塁打、75打点、打率.212の安田尚憲だが、将棋が趣味とのこと。“読みの深い”打撃を見せてほしい

photograph by

Kyodo News

 4月11日までにセ・パ両リーグは88試合を消化したが、このうち12試合が引き分け。筆者は9回打ち切りによって10%程度が引き分けになると予測したが、現時点でそれを上回る13.6%が引き分けだ。このペースで行くとすれば、ペナントレースの戦い方は変わってくる。

 NPBのペナントレースは、最終的には「勝率」で順位が決まる。引き分けがないリーグ戦では「勝率=勝数」だ。MLBはまさにそうだが、引き分けが多いリーグ戦では、勝数よりも「負けないこと」が重要になってくる。

 1982年のセ・リーグは、試合時間が3時間以降は新しいイニングに入らない、ダブルヘッダーは9回までという規定で、引き分けは390試合で38試合もあった。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加