メニュー
閉じる
戻る
閉じる

オリンピックへの道BACK NUMBER

渡辺一平「何が間違っていたのか…」競泳日本選手権に見た“一発選考”の重圧 五輪をかけた勝負後の選手たち

2021/04/12 17:20

 

数々の実績を残しつつも東京五輪代表の切符を逃した渡辺一平。代表入りを果たした選手たちは彼らの思いとともに五輪へ臨む

 緊張、歓喜、涙。さまざまな表情が交錯する。いつ見ても、胸に迫る光景だ。

 4月3日から10日にかけて、競泳の日本選手権が行なわれた。毎年、選手にとって重みのある大会だが、今年は4年に一度の重さを持つ。オリンピックの代表選考を兼ねているからだ。

 かかる重圧は果てしない。競泳の場合、過去の実績などは考慮されないからだ。

 個人種目であれば、男子200m個人メドレーと400m個人メドレーですでに内定している瀬戸大也を除き、各種目の決勝で2位以内に入り、さらに派遣標準記録を突破することが求められる(リレー種目は別途、派遣標準記録等選考基準が設定されている)。この基準に達すれば、自動的に代表に内定する一方、クリアできなければいかなる選手であっても代表にはなれない。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加