メニュー
閉じる
戻る
閉じる

欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

内田篤人vs長友佑都、CL4強を懸けた最高峰の日本人対決から10年…欧州に挑戦する後輩たちに内田が“必要”と感じたこととは

2021/04/13 17:50

 

CL4強を懸けた日本人対決から10年。性格もプレースタイルも対照的な2人が世界最高峰の舞台で対峙した

 日本人選手が最も世界に近づいた日と言えるかもしれない。

 2011年4月13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦。シャルケの内田篤人はインテル戦に臨んだ。敵陣の同じサイドに目をやれば、CL初先発となる長友佑都が立っている。

 日本人初の4強入りをかけた一戦。「インテルとはやりたくない。準々決勝で日本人同士がつぶし合わない方がいい。できるならもっと上でやりたい」と話していた内田にとっては、避けたかった対戦。一方、「(内田と)当たりたいですね。日本人対決で日本の方々を喜ばせられる」と話す長友にしてみれば、望んだ相手だった。考え方やプレースタイルも対照的な2人のサイドバックが、世界最高峰の舞台で相まみえることになった。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加