メニュー
閉じる
戻る
閉じる

スポーツ名言セレクションBACK NUMBER

【皐月賞馬】ゴールドシップはなぜあんなに愛された? 内田博幸「生きるか死ぬかぐらい…」、須貝師「本当に何をするかわからない」

2021/04/17 11:01

 

2012年の皐月賞を制したゴールドシップと内田博幸

雑誌「Sports Graphic Number」と「Number Web」に掲載された記事のなかから、トップアスリートや指導者たちの「名言」を紹介します。今回は2012年の皐月賞馬・ゴールドシップにまつわる3つの言葉です。

 <名言1>

 彼が走りたくなる気を探す、という感覚で乗っていました。

(内田博幸/987号 2019年10月3日発売)

 ◇解説◇

 道中は最後方を走りながら、4コーナーで誰も通らなかった荒れた内をすくい「ワープした」とまで言われた見事なレース運びで勝った2012年の皐月賞。

 鞍上は「ウチパク」の愛称でお馴染みの内田博幸。大井競馬で通算3153勝を挙げて2008年に中央競馬へと移籍し、わずか2シーズンで中央競馬のリーディング首位を獲得した実力派だ。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加