メニュー
閉じる
戻る
閉じる

Number ExBACK NUMBER

アスリートの本音「何のための東京五輪なのか」「全員が五輪賛成は難しい」大迫傑、桐生祥秀、奥原希望らに直撃取材

2021/04/15 17:00

 

Number1025号「オリンピックの話をしよう。アスリート50人が語る東京五輪」

 終息の兆しが見えないコロナ禍に、7割を超える東京五輪開催反対の世論……聖火リレーは始まったものの、こんな状況で本当にオリンピックはできるのか? 

 かつてない逆風が吹く中でNumber1025号「オリンピックの話をしよう。アスリート50人が語る東京五輪」では、東京五輪を目指す現役アスリートと歴代オリンピアンたちの声を届けるべく大特集を組んだ。

 開催まで約3カ月。彼らは今、何を思うのか。また、オリンピックとは一体いかなる舞台なのか。

 マラソン日本代表として五輪出場を決めている大迫傑は、「コロナ禍での五輪がどんなものになるかはわからない」と前置きした上で、こう語る。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加