メニュー
閉じる
戻る
閉じる

プロ野球亭日乗BACK NUMBER

グループLINEでスタメン落ちを知らされ…「3番・梶谷隆幸」実現までの舞台裏 巨人軍監督室で原監督とサシで話したこととは

2021/04/15 11:20

 

14日中日戦の3回、2ランホームランを放った巨人の3番・梶谷

 何とかやりくりをして凌いでいる。

 開幕から続く巨人の打撃不振。ただでさえ打てない試合が続く中で丸佳浩外野手、ゼラス・ウィーラー内野手ら主力を含む4選手の新型コロナウイルス感染での戦線離脱が追い討ちをかけた。

「こんなに打てないのは初めてだよ。3点を取るのに四苦八苦しているんだから」

 原辰徳監督から、珍しくこんな“グチ”が飛び出すのも分からなくもない。

 開幕2戦目の3月27日のDeNA戦で10得点したのを最後に、翌28日の同カードから4月10日の広島戦までチームワーストの12試合連続3得点以下の試合が続いた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加