メニュー
閉じる
戻る
閉じる

Number ExBACK NUMBER

“年収2000万円JALパイロット”の肩書を捨て…日本人初のNFL選手に一番近い26歳「課題は英語ですね」【アメフト】

2021/04/17 11:00

 

日本人初のNFL選手に近づいている李卓(26歳)

photograph by

本人提供

 先日、プロゴルフの松山英樹選手が日本人で初めて海外メジャーを制した。

 近年はゴルフだけでなく、スポーツの分野で日本人選手の世界を舞台にした活躍が目覚ましい。これまで「日本人には不可能」と言われ続けてきた世界への扉を、多くの選手がこじ開けはじめている。

 そんななかで、北米4大スポーツで唯一、アメリカンフットボールのNFLだけは、いまだ日本人には未踏の地となっている。だがいま、そんな最高峰の頂に手をかけつつある選手がいる。26歳の李卓(り・たく)だ。

 李はいま、インターナショナル・プレーヤー・パスウェー・プログラム(IPP)と呼ばれるプログラムへの参加を目指し、9カ国11人の中で競いあっている。IPPは北米以外の国の有望な選手にも、NFL選手として契約のチャンスを与えるために2017年に開始されたプログラムだ。数カ月にわたる選考を通して実力を認められれば、実際のNFLチームへの帯同契約を結ぶことができる。

 現在、李は選考の中でトップクラスの評価を得ており、チームへの帯同契約を手にする可能性も十分にある。では、李はいかにしてここまでたどり着いたのだろうか?

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加