メニュー
閉じる
戻る
閉じる

ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

《松山英樹はどんなキャリアを?》小1で青木功の練習見学、中1・石川遼の衝撃、米国で丸山茂樹への敬意…「覆せた」の真意とは

2021/04/15 17:01

 

先人たちや同世代、支えてくれた恩師や父の思いを背負ってオーガスタに挑んだ松山英樹。試合後には感謝のコメントを残した

photograph by

Sankei Shimbun

 打っても、打っても目の前に出てくるボール。それがなんだかおもしろくて、クラブを振り続けていた。頭の片隅には、そんな記憶が原風景として曖昧に残っている。

 松山英樹がゴルフを始めたのは4歳のときだった。数々のプロゴルファーの多分に漏れず、家族の手ほどきを受けた。社会人時代に日本アマチュア選手権に出場したほどの腕前を持つ父・幹男さんからは、シャフトを切った大人用のアイアンを最初に譲り受けた。

 競技に出始めた小学校入学以前は、「練習場に連れて行ってもらったことは多くはなかったんです。だから、いつも素振りばかり」。そんな少年時代は一方、ゴルフを介した父子の歩みの中で一流選手に触れる機会にも恵まれていた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加