メニュー
閉じる
戻る
閉じる

野球クロスロードBACK NUMBER

5年前の「ドラフト10位」12球団最終指名の男…崖っぷちから一軍登板、王者ソフトバンクを0点に抑えるまで

2021/04/16 11:01

 

4月10日のソフトバンク戦で4回から2番手で登板した楽天・西口直人。3回を無失点に抑えた

 今季の登板はまだ2試合、4イニングしか投げていない(4月14日現在)。それでも、楽天・西口直人の名がじわじわと浸透していきそうな、そんな予感が漂う。

 きっかけになりうるゲームがある。4月10日のソフトバンク戦だ。

 1-7と大量ビハインドの4回から2番手としてマウンドに上がり、3回を2安打4奪三振、無失点に抑えた。最終的に楽天が8-8の引き分けまでもつれ込めたのは、西口の投球が潮目を変え、チームに勢いをもたらしたという見方もできる。

 プロ5年目。今年で25歳になる西口は、ロマンを抱かせる投手だ。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加