メニュー
閉じる
戻る
閉じる

2020年M-1・全員インタビューBACK NUMBER

「2年前のM-1は漫才師の“劣化版”で失敗した」おいでやすこがが決して“はい、どーもー”を言わない理由

2021/04/21 11:01

 

おいでやす小田(右、ツッコミ担当、42歳)とこがけん(ボケ担当、42歳)

photograph by

Keiji Ishikawa

「あれは漫才じゃない」――2020年のM-1王者が生まれると、漫才をめぐるかつてないほどの論争が巻き起こった。なぜあれほどの賛否を呼んだのか? 出場した漫才師たちのインタビューから、その答えに迫っていく。
おいでやす小田(42歳)とこがけん(42歳)、2人のピン芸人がユニットとして大会史上初の決勝進出。「あの日のかな~、それともその日のやつかな~」カラオケネタで1本目堂々の1位になり、結成2年目にして準優勝を果たした。そんな2人が“漫才師のマネ”をして失敗した過去を振り返る。(全3回の1回目/#2#3へ)

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加