メニュー
閉じる
戻る
閉じる

2020年M-1・全員インタビューBACK NUMBER

<あの日のかな~>おいでやすこが運命変えた4分間「カラオケネタは1秒変わらず間(ま)が決まっています」

2021/04/21 11:02

 

おいでやす小田(右、ツッコミ担当、42歳)とこがけん(ボケ担当、42歳)

photograph by

Keiji Ishikawa

「あれは漫才じゃない」――2020年のM-1はなぜあれほどの賛否を呼んだのか? 出場した漫才師たちのインタビューから、その答えに迫っていく。
おいでやす小田(42歳)とこがけん(42歳)、2人のピン芸人がユニットとしてM-1初の決勝進出、そして記憶に残る準優勝。「あの日のかな~」運命を変えたカラオケネタはどうやって出来上がったのか。超多忙な2人があらためて振り返るあの“4分間”。(全3回の2回目/#1#3へ)

――正直なところ、結成2年目のユニットコンビで勝ち上がってきて、俺たちがこの舞台に立ってもいいのかなという後ろめたさのようなものはなかったのでしょうか。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加