メニュー
閉じる
戻る
閉じる

ボクシングPRESSBACK NUMBER

“井上尚弥vsカシメロ”は来春までに実現か…カシメロ陣営のプロモーターに聞く「井上はディフェンス面で劣っている」

2021/04/20 17:03

 

WBA、IBF王者・井上尚弥(大橋)は6月、ラスベガスでIBF指名挑戦者マイケル・ダスマリナス(フィリピン)との防衛戦が内定した

photograph by

Getty Images

 世界ボクシング界は徐々に活気を取り戻し、今夏、バンタム級も一気に盛り上がろうとしている。今や世界最高級の評価を受けるようになったWBA、IBF王者・井上尚弥(大橋)は6月、ラスベガスでIBF指名挑戦者マイケル・ダスマリナス(フィリピン)との防衛戦が内定。5月29日にはWBC王者ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)がノニト・ドネア (フィリピン)、8月にはWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)がギジェルモ・リゴンドー(キューバ)と対戦することも発表されている。

 一気に動き出したバンタム級周辺の今後を読み解くために、MPプロモーションズ(マニー・パッキャオが設立した会社)のショーン・ギボンズ・プロモーターに言葉を求めた。カシメロ、ダスマリナスをどちらも傘下に収めるギボンズはバンタム級戦線の鍵を握る一人。その言葉を聞く限り、2021年後半、いよいよ強豪たちの直接対決が始まる可能性は高そうだ。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加