メニュー
閉じる
戻る
閉じる

ラグビーPRESSBACK NUMBER

【ラグビーW杯】2019年は「32人中9人」、2023年は… ジェイミージャパン「52人」からのサバイバル、何が運命を分ける?

2021/04/21 17:01

 

19年W杯に続き、ジェイミー・ジョセフHC(右)のもと強化を進めていく日本代表。トニー・ブラウンらコーチ陣も続投となった

photograph by

Getty Images

 桜の戦士達が帰ってくる。日本ラグビー協会は4月12日、2021年度の男子日本代表候補52人を発表した。2023年W杯フランス大会の開幕まで2年5カ月。ラグビー日本代表“ブレイブ・ブロッサムズ”がいよいよ再始動する。

 候補選手にとってはサバイバルの号砲だ。

 トップリーグ決勝の翌日、5月24日に発表される大分合宿メンバーは35人。さらにスコットランドへ遠征し、6月26日に英愛4カ国のドリームチーム「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」戦に出場できる試合メンバーは23人だ。

 19年W杯に続いて指揮を執るジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は、母国ニュージーランドから「今回のスコッド(代表候補)は経験値のあるプレーヤーと今後代表でプレーしていくポテンシャルを持つプレーヤーのバランスがうまく取れています」とコメントを寄せた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加