メニュー
閉じる
戻る
閉じる

球道雑記BACK NUMBER

【8試合連続無失点】カープ大道温貴はなぜあんなに腕を振れるのか? 本人が明かす「栗林さん」やコーチの言葉とは

2021/04/21 17:04

 

栗林、森浦とともに勝利パターンを形成する大道。投げっぷりの良さを引き出したのは永川コーチの言葉だった

photograph by

Sankei Shimbun

 攻めの姿勢が自軍に流れを引き寄せた。

 4月18日、中日戦。敵地のマウンドに上がった広島東洋カープのルーキー・大道温貴は、1点ビハインドの7回裏、いつものように捕手・會澤翼のサインに頷いて、右腕をめいっぱい振り切った。

 先頭の根尾昂には、初球の149キロのストレートでファールを奪うと、スライダー、スプリットの変化球でカウントを整えてから、最後はインコース高めのストレートで空振り三振。続く代打・滝野要には全球ストレートの力勝負を挑み、センターフライに打ち取り、さらには前回の対戦で中前安打を打たれている大島洋平に対しても、怯むことなくゾーンで勝負して、3球目の変化球でレフトフライを打たせた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加