メニュー
閉じる
戻る
閉じる

フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

【国別対抗戦】ペアの三浦璃来&木原龍一組はなぜ劇的に成長できたのか? 見えてきた北京五輪団体戦の表彰台

2021/04/21 17:02

 

大阪で行われた国別対抗戦で、SP、フリーともに6組中3位と好成績を上げたペアの三浦璃来&木原龍一

photograph by

Getty Images

 4月15日から大阪で開催された7回目の国別対抗戦。2009年から開催されてきたこの大会で、今回はロシアが圧巻の強さを示して初優勝を果たし、アメリカが銀、日本はアメリカチームとわずか3ポイント差で、4度目の銅メダルとなった。

 元々この国別対抗戦は、2014年ソチオリンピックから始まったフィギュア団体戦の基盤となった。だが国別対抗戦では毎回メダルを獲得してきたチームジャパンが、オリンピックでは2度とも5位。その理由は、国別対抗戦ではシングルは男女とも2人ずつと比重が大きいのに比べ、オリンピックの団体戦は四種目とも比重が同じため。ペアとアイスダンスの強化が最大の課題と、長年言われてきた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加