メニュー
閉じる
戻る
閉じる

競馬PRESSBACK NUMBER

エフフォーリアのダービーは「不安がないわけではありません。でも…」(鹿戸師) “体質が弱かった”馬が“無敗皐月賞馬”になるまで

2021/04/21 06:00

 

エフフォーリアは皐月賞で危なげないレース運びを見せ、無敗のままクラシック第一戦を制した

photograph by

Satoshi Hiramatsu

「最初に入厩した当初は体質が弱くて、調教を積むと腹痛になる事がありました」

 1962年生まれで現在58歳の調教師、鹿戸雄一は、エフフォーリアについてそう口にすると、更に続けた。

「もっとも、大事に至るほどの腹痛ではなかったので、2歳の夏にはデビュー出来ました。その時期の新馬に使えたのだからむしろ丈夫な方だったかもしれません」

 デビュー前の調教から動いていたので期待を持って札幌競馬場での新馬戦に送り込んだ。鞍上には若手の横山武史を指名した。自厩舎には三浦皇成が所属していたが、彼は新潟で騎乗していたため、札幌にいた横山に依頼したのだ。ご存知のように彼の父親は同じジョッキーの横山典弘。鹿戸がジョッキー時代には一緒に良く飲んだ仲だった。しかし、鹿戸は言う。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加