メニュー
閉じる
戻る
閉じる

球体とリズムBACK NUMBER

【非難の嵐でプレミア勢が即脱退】参加すれば260~390億円ボーナス 強欲な欧州スーパーリーグ構想は「フットボール界の内戦」

2021/04/21 11:04

 

(左から)ユーべのアニェッリ会長、レアルのペレス会長、マンUのグレイザーオーナー。欧州SLの“首謀者”と見られている

photograph by

Getty Images

「大衆が創り上げたものを、金持ちどもが奪っていった。フットボールよ、安らかに眠れ」

 こうした横断幕がスタンドに掲げられるのは、今に始まったことではない。事実、すでに多くの欧州のトップクラブは、地元の人々との結びつきや歴史、慣習を知らない外国人オーナーたちの手に渡ってしまっている。しかし保有者たちの強欲が、ここまであからさまに示されたケースは、近代フットボール史上初めてのことではないか。それが前々から囁かれていたことだとしても。

 4月18日(日曜日)の英国時間23時半ごろ、ヨーロピアン・スーパーリーグから声明が出された。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加