メニュー
閉じる
戻る
閉じる

ボクシングPRESSBACK NUMBER

「ボクサーはなぜ猫好きなのか?」猫パンチを食らっても愛する内山高志が答える…女性のタイプもネコ系!?《拳四朗は猫ケーキ発注》

2021/04/22 11:00

 

この取材のために猫パーカを着用した内山さん。ビルス(左)との2ショットに挑むも、逃げられて実現せず…

photograph by

Takashi Uchiyama

 吾輩は猫好きである――。

 プロボクサーの取材をしていると、不思議とよく聞くのだ。語り口こそ脚色したが、ふとした雑談から愛猫の話になることは少なくない。

 WBC世界ライトフライ級王者の寺地拳四朗(BMB)もそのひとりだ。

「ジムワークを終えて、家に帰るのが楽しみ。ニャンニャンと鳴いて、出迎えてくれるので。でも、少しかまったら、すぐに離れていくんですよ。触れる距離感にはいない。何なんやろ。『こっちにおいで』と呼んでも、『お前が触りにこいよ』みたいな感じ。あのツンデレ感も魅力かな。付き合う女性にしてもそうですけど、ずっと一緒やったらしんどい。猫はいい距離を保ってくれます」

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加