メニュー
閉じる
戻る
閉じる

野球のぼせもんBACK NUMBER

「今も苦しんでいる人がいる…」ホークス和田毅“40歳で20年ぶり勝利”なのに…歯切れが悪かった事情

2021/04/21 17:25

 

4月14日、オリックスに勝利しポーズをとるソフトバンクの和田(左)と松田

 和田毅はその日の勝利の意味と価値を分かっていた。

 4月14日、バファローズ戦。40歳左腕が投げ合ったのは22歳の剛腕、山本由伸だった。

「1点勝負になると思っていました。ならば、自分がゼロに抑えれば負けることはない」

 今年2月に不惑を迎えたベテランは「もう若い時のようには……」としばしば口にするが、この日のピッチングはそれが嘘のような気迫に満ちていた。力で圧倒するストレート中心の配球で相手バッターを次々とねじ伏せていく。最速は146kmを計測した。得点圏に走者を背負ったのは2回表2アウトからの一度のみ。その場面も続く伏見寅威をオール直球勝負で3球三振に仕留めてあっさりと切り抜けてみせた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加