メニュー
閉じる
戻る
閉じる

Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

北島康介「だから、東京は最高の大会になりうるんです」~なぜ五輪は特別なのか~

2021/04/22 07:00

 

photograph by

Takuya Sugiyama

この夏の東京で活躍を期す選手たち、そしてオリンピアンたちは、かつてない逆風にさらされる五輪を前に、一体何を思うのか。五輪とは、一体いかなる舞台なのか。今こそ、アスリートの話を聞こう。

北島康介
競泳/平泳ぎ アテネ、北京五輪2大会連続金メダル

――いま読み返してみると実に興味深いことを、以前のNumberで北島さんはおっしゃってます。

北島 ホントですか? お恥ずかしい限りです(笑)。

――北京オリンピックのあとです。『やはりオリンピックはどんな大会でも素晴らしい』『オリンピック以上の刺激はないと確信した』『国内で勝っても負けても自分の中で反応がないし、世界選手権やパンパシフィックに出場しても、ここが自分を表現できる最高の場所ではないと思ってしまう』『オリンピックの刺激って、本当にヤバイっすよ』。

北島 そんなこと言ってましたか(笑)。

――北島さんにとって、オリンピックが特別な大会だということはよくわかりました。ではなぜ、北島さんにとってオリンピックは特別だったのでしょう。今回の東京、どうやら海外からの観客は来ないようですし、ひょっとすると無観客での開催もありうる。そんなオリンピックであっても、北島さんが選手であれば、素晴らしいといえる大会になりえるのでしょうか。

北島 ……はい。

――なりえる?

北島 どうでしょう。これは自分にも経験がないことですし、『こうだと思います』というのは、なかなか言い切れないかな。ただ、ぼくが選手の立場だとしたら、いまの世論みたいなもの、オリンピックに対する消極的な声みたいなもの、いや、そういう声が上がるのは当然だと思いますが、でも、すべてを払拭させるようなパフォーマンスをしてやろうって狙っていたかもしれません。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加