メニュー
閉じる
戻る
閉じる

濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

アジャコング「いいですかやっちゃって」 取締役レスラー・藤本つかさが“被災地”凱旋興行に涙しそうになった理由

2021/04/22 17:00

 

アイスリボン取締役でもある藤本つかさ(中央)の凱旋興行は彼女の成人式会場でもある宮城県利府町の会場で行われた

photograph by

Norihiro Hashimoto

 ある日突然、知らない番号から電話がきた。故郷の町長からで、なおさら驚いた。電話したのは宮城県利府町の熊谷大(ゆたか)町長。受けたのは女子プロレス団体アイスリボンの藤本つかさ。

「知り合いから藤本さんのことを聞いてお電話しました。“利府町出身で女子プロレスで頑張ってる子がいるから応援してあげて”って」

 利府町にある宮城スタジアムは東京オリンピックのサッカー競技会場。もともと町はスポーツ振興、アスリートの応援に積極的だったそうだ。驚いた藤本だったが、行動は早かった。

「実は私、いま利府町に里帰りしてるんです」

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加