メニュー
閉じる
戻る
閉じる

日々是バスケBACK NUMBER

渡邊雄太は『与えられたのではなく、勝ち取った』…NBA挑戦3年目で掴んだラプターズとの「本契約」と“さらに上を目指す姿勢”

2021/04/22 11:02

 

3年前に足を踏み入れたNBAの世界。渡邊雄太は自らの力で“本契約”を勝ち取った

photograph by

USA TODAY Sports/REUTERS/AFLO

──Earned, not given.(与えられたのではなく、勝ち取った)

 4月19日朝、トロント・ラプターズは渡邊雄太とNBA本契約を交わしたことを発表した。契約を発表するツイッターの投稿には、この言葉とともに、渡邊が契約書にサインする場面、そしてGMのボビー・ウェブスターと握手を交わす場面の写真が添えられていた。

 与えられたのではなく、勝ち取った契約。それは、まさに今回の渡邊の契約にふさわしい言葉だった。

 3年前にNBAの世界に一歩踏み込んだ渡邊だったが、以来、これまではずっと、NBAチームでの活動日数や試合数に制限があり、マイナーリーグのGリーグとの間を行き来する立場のツーウェイ契約選手だった。3シーズン目の今季にいたっては、去年12月にラプターズのトレーニングキャンプに参加した時点では、開幕ロスターに残る保証もなく、競争相手より不利だと見られていた。そこからツーウェイ契約選手として開幕ロスターに残り、そしてシーズン中の活躍が認められて、今回の本契約へとつながった。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加