Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[「初タイトルの一手」を語る(1)]佐藤康光「兄弟子が今でも褒めてくれます」

2022/01/21 07:01

 

photograph by

Hirofumi Kamaya

当時五冠の羽生に挑んだのは同世代の佐藤。過密日程の中、目の前の一局に集中せざるを得ない状況が勝利を呼び込んだ。

 佐藤康光が初タイトルの竜王を獲得した1993年は、将棋界が激しく動いた一年だった。春に米長邦雄が中原誠を破って悲願の名人位に就き、夏には羽生善治が棋聖と王位を得て五冠に躍進。全七冠制覇への道筋が見えてきた時期に、羽生が持つ竜王に挑んだのが佐藤だった。

 この年が特に印象深いのは、夏に筆者が奨励会に入ったからだろう。七番勝負がシンガポールで開幕したことを伝える当時の『将棋世界』誌に初めて自分の名が載った。15歳6級、5勝3敗と凡庸だったが、誇らしい気持ちで何度もこの号を読み返した。

 あれから30年近くが経ち、将棋界は様変わりした。七冠を達成した羽生は現在無冠。平成の終わりに藤井聡太が登場。佐藤は日本将棋連盟の会長を務めながら、トップクラスで戦い続けている。私は奨励会を退会したあと、彼らの将棋、生き様を伝える職業につくことになった。

 盤を挟んで向き合った佐藤は記憶力がよくないからと言いながら、第6期竜王戦についてまとめた書籍を取り出した。

「実はタイトルを取る、取りそうになったときの高揚みたいなものはあまりなかったんです。竜王戦の挑戦者になる3年ほど前に王位戦で谷川浩司先生に挑戦したあとはタイトル戦に出られていませんでしたし、順位戦も停滞していました。ですので現実的に、自分が羽生さんを止めてやるというほどの気負いはなかったと思います」

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加