JリーグPRESSBACK NUMBER

なぜベンチ外のはずの阿部さんが? 「浦和の背番号22を継承」柴戸海に託された“天皇杯決勝前、40歳現役最後の貢献”とは

2022/01/21 17:02

 

2021年、ホーム最終戦の引退セレモニー前の阿部勇樹

2021シーズン限りでの引退を決断し、浦和レッズのユースコーチに就任した阿部勇樹。彼をジェフ、オシムジャパン時代から追い、2017年にはオシムと阿部との対面に立ち会った著者が、現役としてのラストミッションを描いた(全3回/#1、#2も)

 2021年夏、早朝の大原サッカー場。

 阿部勇樹は、誰もいない深緑のピッチに足を踏み入れた。大半の同僚たちは、まだクラブハウスにも来ていない。全体練習とはあえて時間をずらして、39歳のベテランはリハビリのメニューを組んでいた。

 野崎信行トレーナーとともに、ゆっくりとピッチの外周を走る。ピッチの四隅にあるコーナーの外側を、几帳面に回っていく。誰かが見ているわけではなくても、走るコースをショートカットするようなことはしない。20年以上、ずっとそうしてきた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加