モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

《没後20年目》加藤大治郎とMotoGP…進化した現代の4ストロークマシンに不世出の天才が乗っていたら

2022/01/21 11:01

 

1976年7月4日生まれの加藤大治郎。バレンティーノ・ロッシに対抗しうる才能として将来を嘱望されながらWGPへのフル参戦は4年のみで、26歳で逝去した

photograph by

Satoshi Endo

 グランプリの最高峰クラスが、2ストローク500ccクラスから4ストローク990cc(現在は1000cc)のMotoGPクラスに変わって21年目を迎える。両カテゴリーのバイクが混走した02年を除き、4ストロークエンジンになってから今年でちょうど20年目。そして、大ちゃんの愛称で呼ばれた天才ライダー加藤大治郎が亡くなって20年目を迎える。

 大ちゃんは、4ストロークエンジンだけのMotoGPクラス時代になった03年の開幕戦日本GPの決勝レースの事故で亡くなった。事故が起きたのはスタートから3周目。バックストレートを抜け、左高速コーナーの130Rの立ち上がりでバランスを崩し、続く最終コーナーシケイン手前でスポンジバリアに激突した。この事故で大ちゃんは三重県四日市市の三重県立総合医療センターにヘリコプターで搬送されたが、事故から2週間後の4月20日に帰らぬ人になった。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加