箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

「シードまで30秒だ!」オリンピアンが給水員に? 東京五輪代表・山内大夢が走った“わずか数十mの箱根駅伝”

2022/01/21 17:04

 

箱根駅伝ランナーになくてはならない“給水員”。早大2区を走った中谷に水を手渡したのは、東京五輪男子400mハードル代表の山内大夢だった

 1月2日の箱根駅伝往路。東京オリンピック男子400mハードル日本代表の山内大夢(早大4年)は、今か今かと同級生の中谷雄飛が来るのを待ちわびていた。

「1区の序盤はいい位置にいたので、これは上位で集団で来るだろうと、ちゃんと準備しておこうと思ったんですけど、出遅れてしまって……。他の大学の選手が通過するのを見ながら、ちょっと不安になりました」

 2区10km地点の給水員。これが今回の箱根駅伝で山内に与えられた役割だった。

 給水員は各チームの部員や大学関係者が務めることになっており、メンバーから外れた長距離部員がその役割を担う場合が多い。しかし、早大の場合は、長距離部員が例年30人前後と少ないため、他ブロックの選手が給水員を任されることもある(給水員のみならず、沿道の走路員など学生補助員も、正月返上で他ブロックの選手が担う)。2013年の第89回大会では、ロンドン五輪男子やり投げ代表のディーン元気が、のちにオリンピアンとなる同級生の大迫傑に給水を手渡したことがあった。この年、大迫は強風に煽られながらも、3区で9人抜きの活躍を見せている。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加