プロ野球PRESSBACK NUMBER

ヤクルト二軍が引っ越し予定…つくばエクスプレス愛用者の“ナゾの終着駅”「守谷駅」には何がある? 茨城の街で人口が増え続けてきた事情

2022/05/17 17:01

 

写真は2020年3月のヤクルト戸田球場、二軍(イースタン)練習試合の村上宗隆と日本ハム・清宮幸太郎(右)。ヤクルトは二軍施設を茨城県守谷市に移転する協議を始めたと発表

photograph by

Sankei Shimbun

 昨シーズンの日本一チーム、東京ヤクルトスワローズ。今年も好調でセ・リーグ首位を快走している(5月16日現在)。

 そんなヤクルト二軍の本拠地は荒川の河川敷にある。ヤクルト戸田球場といい、文字通りの河川敷のため、台風が来たり大雨が降った時には球場が浸水して、しばらく使えなくなってしまうことがあるのだという。

 だから、ということなのかどうなのか、つい先日、ヤクルトは二軍の本拠地を移転する計画(協議開始)を発表した。移転先は茨城県の守谷市。二軍用の小さなスタジアムではなく、比較的規模の大きな“スワローズタウン”を作るらしい。ソフトバンクは筑後市内に広大な練習場を持っているから、それと似たようなものになるのだろうか。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加