大相撲PRESSBACK NUMBER

「北の湖さんこそ真の天才」13歳で角界入り、史上最年少で横綱昇進…「強すぎて嫌われた大横綱」が最後に輝いた“夏場所の奇跡”とは

2022/05/17 11:02

 

2015年11月、現職理事長のまま62歳で亡くなった北の湖敏満。史上最年少21歳2カ月での横綱昇進、幕内最高優勝24回と、まさに昭和の大横綱だった

photograph by

Kazuhito Yamada

 今から69年前の昭和28年5月16日、夏場所初日にあたるこの日から、NHKによる大相撲のテレビ中継放送が始まった。奇しくも同日、のちの昭和の大横綱が北海道で産声を上げた。第55代横綱北の湖である。

 まさにテレビが各家庭の主役だった昭和50年代前半には、横綱輪島とともに毎場所のように優勝を争い、“輪湖時代”を築き上げた。しかし無類の強さを誇っていた北の湖は、ふてぶてしい土俵態度もあって「憎たらしいほど強い」と揶揄された。

 一方の輪島は日大時代、2年連続で学生横綱に輝くと、プロの土俵でも幕下付け出しのデビューからわずか3年半で頂点に上り詰めた。その異例のスピード出世と、「下手からの芸は大成しない」と言われていた当時の角界で、左半身という半端相撲のスタイルながら“黄金の左”と言われた左下手投げを武器に優勝を重ねていったことから、しばしば“天才”と称された。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加