プロ野球PRESSBACK NUMBER

“あの球審騒動”を収めた松川虎生の中学時代「監督、家に遊びにいってもいいですか」…“あるヤクルト選手”が見抜いた素質「もうプロのレベル」

2022/05/19 11:06

 

プロ野球史上3人目となる「高卒新人捕手の開幕スタメン」を果たし、佐々木朗希が先発した7試合は全てマスクを被るロッテ松川虎生。彼の原点に迫った

photograph by

Hideki Sugiyama

ロッテのドラフト1位・松川虎生捕手が中学時代にプレーした硬式野球チーム「貝塚ヤング」の探訪ルポ。後編は18歳らしからぬその強心臓の原点を探った。(全2回の後編#2/前編#1へ

 4月24日のオリックス戦では、思わぬ騒動に注目が集まった。バッテリーを組んだ佐々木朗希が、ボールの判定をめぐって白井一行球審から詰め寄られる一幕があったのだ。この時、すかさず二人の間に割って入り、場をおさめたのが松川虎生だった。18歳とは思えない冷静な対応には球界内外から驚きと称賛の声が上がったが、少年時代からよく知る「貝塚ヤング」の関係者は、一様に「松川らしい」と口をそろえた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加