SCORE CARDBACK NUMBER

張本智和(18)はなぜ“初の海外リーグ挑戦”を選んだのか? 「ここ数年、少し足踏みが続いている」明かしていた葛藤

2022/05/23 06:00

 

張本はパリ五輪の第1回選考会となった「ライオンカップ・トップ32」で、約2年3カ月ぶりに国内大会を制した

 強くなりたい。自分の殻を打ち破りたい。卓球の東京五輪男子団体銅メダリスト・張本智和が、早稲田大の通信教育課程へ進学したこの4月、新たな挑戦をスタートさせた。2017年から約5年間所属していた木下グループを離れてIMGへ所属先を変更。そして、自身初の海外リーグ参戦として、ドイツ・ブンデスリーガの「ノイ・ウルム」から欧州チャンピオンズリーグ(CL)に出場することを決断した。

 '17年8月に史上最年少の14歳61日でITTFワールドツアー男子シングルス初優勝を飾るなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長してきた張本だが、日本のエースとして戦うようになったここ数年は重圧を背負い、苦しみを味わってきた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加