球体とリズムBACK NUMBER

「ほとんど監督」な長谷部誠38歳の緊急出動、「カマダはラブリー」英紙絶賛の鎌田大地も…“小野伸二以来のEL制覇”での仕事人ぶり

2022/05/19 17:10

 

EL制覇を成し遂げたフランクフルトの鎌田大地と長谷部誠

photograph by

Getty Images

 セビージャの夜に流れた嬉し涙と悔し涙──。

 ヨーロッパリーグ決勝史上でも、とびきり熱い雰囲気で開催された一戦は、延長戦を経てPK戦で決着を見た。それだけに、勝負が着いた後の両者は実に対照的だった。

 勝者のひとり、アイントラハト・フランクフルトの鎌田大地は、顔を紅潮させて雄叫びを上げ、「初めて嬉しくて号泣」したことを試合後に自身のSNSで明かしている。敗れたレンジャーズを見守ったスタンドの少年は、青いシャツに涙をこぼし、それでも愛するチームを誇らしく感じたことだろう。

 ドイツのフランクフルトとスコットランドのレンジャーズは、どちらも極めて熱狂的なファンにサポートされている。また双方とも、今大会で何度もアップセットを演じて頂上決戦までたどり着いてきたアンダードッグ同士だ。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加