スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

「ラグビーは大好き。でもラグビー界は好きじゃない」畠山健介はなぜ軋轢を恐れず発言してきたのか…今後は“スクラムの調律師”に?

2022/06/22 11:02

 

欧州や米国でのプレー経験をもとに、日本ラグビー発展に向けたアイデアを口にした畠山健介(36歳)

photograph by

Kiichi Matsumoto

2021-2022シーズン限りで現役引退を発表した畠山健介(36歳)。日本代表プロップとして歴代最多の78キャップを誇り、2015年ワールドカップでは南アフリカ撃破に貢献した。早稲田大学時代から取材を続けてきた生島淳氏によるインタビューをお届けします。全3回の3回目(#1#2へ)

 ワールドカップの熱狂を受けて開幕した2015年のトップリーグ。

 開幕戦のパナソニックとサントリーの試合には、秩父宮ラグビー場に1万人以上が足を運んだとはいえ、ワールドカップの舞台に立った後だったからこそ、空席がより目立ってしまったのかもしれない。畠山健介は思った。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加