メニュー
閉じる
戻る
閉じる



ウクライナオータマンズ


伝統・特色:ウクライナボクシング連盟協力の下、WSBで他国を打破すべく最強選手が準備された。2011年に行われた世界選手権バクー大会での活躍は、目を見張るものがあった。しかし、パウンド・フォー・パウンド王者であるワシル・ロマチェンコや2012年ロンドン五輪で金メダルを獲得したOleksandr Usykを含む世界タイトルを獲得した四選手を考慮すると、このような偉大な結果を残すのは当たり前だったと言えよう。ボクシング大国であるウクライナで、このチームは今後最も人気のあるスポーツチームに位置することになるだろう。オリンピック終了以来、数週間ボクシングの拡散活動に取り組んだ。Otomansの目標は高く掲げている。それはウクライナ・ナンバーワン一だけでなく、世界一のチームになることだ。


一覧

TOP
マイページに追加