ボクモバロゴ
ボクモバニュース
[表彰式]2018.2.9
東京ドームホテルにチャンピオンたちが集結
01:17 11.5MB
2月9日、トップ選手が集まった
 2017年のボクシング界で、もっとも活躍した選手を称える年間表彰式が9日、都内の東京ドームホテルで開催された。各賞は東西のボクシング記者によって選考され、当日壇上で発表。会場には世界王者チャンピオンが勢ぞろいし喜びを語った。
 昨年はこれまで日本ボクシング界を牽引してきた内山高志(38=ワタナベ)、三浦隆司(33=帝拳)、井岡一翔(28=井岡)のビッグネームが相次いで引退、そして山中慎介(35=帝拳)がまさかの王座陥落とボクシング界に衝撃が走った。しかし、それと入れ替わるように拳四朗(26=BMB)、比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツ)、京口紘人(24=ワタナベ)といった若手が躍進。新旧交代がこれほど目立った年はなかっただろう。また、ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(32=帝拳)が物議を醸した判定負けの後、見事雪辱を晴らし日本で21年ぶり、二人目の世界ミドル級王者に輝いた。これはメディアで大きく取り上げられ日本中の話題となった。
 他にも7月に敵地・中国で初めて世界にアタックした木村翔(29=青木)が五輪連覇の大スター、ゾウ・シミン(中国)からWBO世界フライ級王座を奪取、大晦日には元世界王者の五十嵐俊幸(34=帝拳)を9回TKOで下し初防衛に成功した。モンスター井上尚弥(24=大橋)は昨年アメリカを含む3度の防衛戦を行い、いずれも圧倒的な破壊力を持って世界を驚かせた。内山の後継者、WBA世界ライトフライ級王者の田口良一(31=ワタナベ)は大晦日にIBF世界同級王者のミラン・メリンド(比)を破り、V7達成と同時に王座統一に成功。ベテランから若手まで役者が揃い、日本ボクシング界を大いに盛り上げた11人の世界チャンピオン。はたしてこの中でMVPの座を射止めたのは――。
特集
マイページに追加