メニュー
閉じる
戻る
閉じる
ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[原功コラム]2018.2.27
尻に火がついた山中 「挑戦者の気持ちが強い」
3月1日(木)両国国技館でリベンジ!
 山中慎介(帝拳)が挑戦者としてリングに上がるのは11年11月以来、6年4ヵ月ぶりのこととなる。そのときは王座決定戦でクリスチャン・エスキベル(メキシコ)を11回TKOで下して戴冠を果たしている。このあとネリに敗れるまで12度の防衛を果たしたことは周知のとおりだ。特記すべきはV12の相手と内容(結果)であろう。挑戦者のなかには世界的に知られたビック・ダルチニャン(アルメニア/豪)やアンセルモ・モレノ(パナマ)ら元世界王者がのべ7人含まれており、12度防衛のうち8度はKOで終わらせているのだ。戴冠試合(エスキベル戦)と陥落試合(ネリ戦)を含めた14度の世界戦で奪ったダウンの数は合計30に上る。1試合平均で2度以上のダウンを奪っている計算になる。米国の老舗専門誌「リング」のパウンド・フォー・パウンド(体重同一と仮定した最強ランキング)で全階級を通して長いことトップ10内にランクされていたのも当然といえよう。
マイページに追加