メニュー
閉じる
戻る
閉じる
ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[試合後会見]2020.7.30
37歳オールドルーキーの物語は続くのか!?
00:34 4.7MB
左:丸岡宣男(高崎) 右:ウィード太一(鴻巣茂野)
 東日本新人王戦が30日、後楽園ホールで無観客試合として開催。新型コロナウィルスの影響で例年より4ヶ月遅れてスタートした。スーパーフェザー級4回戦では丸岡宣男(37=高崎)がウィード太一(26=鴻巣茂野)と対戦した。
 丸岡は新人王トーナメントにエントリーしたが、コロナ禍で試合が延期となり、その間に5月の誕生日を迎えボクサー定年の37歳となった。しかし、日程延長のために本大会の出場が認められ勝ち続ければ試合に出ることができる。
 丸岡が現役を続けるためには全日本新人王を獲得し日本ランキング入りを果たすことが条件となる。37歳の丸岡はボクシングを続けることができるのか――。
マイページに追加