メニュー
閉じる
戻る
閉じる
ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[試合後会見]2014.2.1
空位の日本LF級は!?
玄人好みの王座決定戦
 前王者の井上尚弥(大橋)が返上した日本ライトフライ級王座を懸け、1日に後楽園ホールで日本1位の木村悠(30=帝拳)と2位の堀川謙一(33=SFマキ)との間で決定戦が争われた。木村はプロ8年目にして初のタイトル挑戦。対し、プロ14年の堀川は日本王座に2度、東洋太平洋王座、WBCインターナショナルなどこれまで5度挑戦するも獲得経験はなし。昨年の最強後楽園で挑戦権を手にした日本王座戦は09年6月、当時の日本ミニマム級王者、八重樫東(大橋)戦以来、約5年ぶりの挑戦となった。
 派手さはないが卓越したテクニックを持つ木村と経験値では木村を大きく上回る激闘型の堀川と、玄人好みの一戦。はたして初戴冠したのは――。
マイページに追加