メニュー
閉じる
戻る
閉じる

スポーツ

バドミントン桃田選手が帰国 大会後の事故でけが

マレーシアで交通事故に遭ったバドミントンの桃田賢斗選手が15日午後、成田空港に帰国しました。(1月15日 17:13)

桃田選手はマレーシアで開かれていた国際大会を終え、13日の朝、空港に向かう途中、乗っていた車が高速道路でトラックに追突し、全身を強く打ったほか、顔を切るなどのけがをしました。


桃田選手は現地で入院し検査を受けていましたが、医師の許可が下りたとして15日午前、クアラルンプール発の便で帰国の途に就き、午後5時すぎ成田空港に帰国しました。


桃田選手は黒い帽子をかぶり、サングラスをかけ、白いマスク姿で飛行機から降り、ゲート付近に集まっていた人たちに軽く会釈をして、関係者に付き添われながら、ゆっくりとした足取りでみずから歩いて帰国の手続きに向かいました。


このあと到着ロビーに姿を見せた桃田選手は、左足を少し引きずるような歩き方で報道陣に向かって軽く頭を下げ、迎えに訪れた協会の銭谷欽治専務理事と握手していました。


日本バドミントン協会は桃田選手について、日本で改めて精密検査を受けさせたうえで、およそ2か月後の全英オープンでの復帰を目標にサポートしていきたいという考えを示しています。

(1月15日 17:13)


ニュース

マイページに追加