メニュー
閉じる
戻る
閉じる

毎日読めるお役立ちコラム

テキストサイズ
DATE/ 2017.03.30

遠くが見える=「目が良い」のは勘違い?


●よく「目が良い」と言うけれど……

 昔から、裸眼で遠くまで見える人は、周囲にうらやましがられました。また、その当人も、「目が良い」ことをよく自慢していたものです。しかし、筑波大学眼科教授・大鹿哲郎氏は、そんな風潮を疑問視しています。

 そもそも「目が良い」「目が悪い」といった言い方は、日本語独特のものです。英語で似たようなことを表現する場合、端的に「視力が良い/悪い」というのであって、目そのものが良い/悪いとは言わないからです。では「目が良い」あるいは「目が悪い」とは、いったいどういうことなのでしょうか。

 冒頭で述べたように、日本では「目が良い」=遠くまで見える(近視ではない)と考えるのが一般的...

ジャンル 美容/健康
会員登録ボタン
4/16(金)のクイズ! ホントの話
小学校の算数で習った四則演算の順序、きちんと覚えていますか?
この計算式の答えはいくつになるでしょうか?

( 8 + 7 ) × 4 =
正解率 : 93.9%
今月のあなたの順位
---位
全国ランキング

関連記事

よく読まれている記事

1
若い子に好かれる「おじさん」の特徴は?
2
職場で嫌われる「おじさんの行動」とは?
3
すぐに使える「モテる人」の会話術とは?
4
なぜタバコを吸い続けるのか?喫煙者の本音とは
5
ずっと独身だったら…独女が抱える最大の不安

あわせて読みたい

マイページに追加