メニュー
閉じる
戻る
閉じる

毎日読めるお役立ちコラム

テキストサイズ
DATE/ 2017.03.30

遠くが見える=「目が良い」のは勘違い?


●よく「目が良い」と言うけれど……

 昔から、裸眼で遠くまで見える人は、周囲にうらやましがられました。また、その当人も、「目が良い」ことをよく自慢していたものです。しかし、筑波大学眼科教授・大鹿哲郎氏は、そんな風潮を疑問視しています。

 そもそも「目が良い」「目が悪い」といった言い方は、日本語独特のものです。英語で似たようなことを表現する場合、端的に「視力が良い/悪い」というのであって、目そのものが良い/悪いとは言わないからです。では「目が良い」あるいは「目が悪い」とは、いったいどういうことなのでしょうか。

 冒頭で述べたように、日本では「目が良い」=遠くまで見える(近視ではない)と考えるのが一般的...

ジャンル 美容/健康
会員登録ボタン
1/26(火)のクイズ! ホントの話
日本で一番長い川は、信濃川ですが、世界で一番長い川はどれでしょう?
正解率 : 64.1%
今月のあなたの順位
---位
全国ランキング

関連記事

よく読まれている記事

1
ファストフードの「原価率」ってどれくらい?
2
「公衆電話」がなくならない理由とは?
3
なぜ嫌われる人はそのことに気付かないのか?
4
会社をダメにする「サイレントキラー」の正体
5
JRと私鉄、意外と知らない「年収格差」

あわせて読みたい

マイページに追加