メニュー
閉じる
戻る
閉じる

毎日読めるお役立ちコラム

テキストサイズ
DATE/ 2017.05.05

レーシック手術が激減した理由とは?


 レーシックとは、レーザーを角膜に照射することで、近視、遠視、乱視を矯正する手術です。視力が上がる、目が良くなる、と言われれば、目の悪い人なら少しは気になるものです。コンタクトレンズも必要なく、裸眼のまますごせるレーシックは、成功率が95%と高く、痛みが少ないので、誰でも受けやすい手術といえます。しかしながら、この手術を受ける人が年々減っているようなのです。それはなぜでしょうか?

●レーシック手術を受ける人が減っている理由

 医療法人弘鳳会の専門医のコラム「レーシック手術が激減! その真相」では、
「症例(手術)数は平成12年の2万件から徐々に増加し、20年には45万件となった。しかし、21年から減...

ジャンル 美容/健康
会員登録ボタン
1/21(木)のクイズ! ホントの話
毎年話題になる高校野球ですが、2006年 早稲田実業のエースとして夏の甲子園に出場し、「ハンカチ王子」と呼ばれた投手の名前は?
正解率 : 98.7%
今月のあなたの順位
---位
全国ランキング

関連記事

よく読まれている記事

1
外国人が困った「日本のマナー」とは?
2
「低収入でも暮らしやすい町」とは?
3
安いのには「ワケ」がある…激安弁当の裏側
4
韓流ブームが過ぎ去った新大久保の「今」
5
日本の「経済力」は世界で何番目?

あわせて読みたい

マイページに追加