毎日読めるお役立ちコラム

テキストサイズ
DATE/ 2017.05.14

人が「育ちの良さ・悪さ」を感じるポイントとは


 「氏より育ち」という言葉が示す通り、血筋や家柄よりも育った環境や教育が人格形成に大きく影響します。

 幼少時から身についた振る舞いや言葉遣いの問題は、自分ではなかなか気がつくのが難しいものです。こうした問題は、ときに「育ちのよさ・悪さ」として厳しく審判されることがあります。

 多様な社会や文化においては「育ちのよさ・悪さ」の感覚が違ってくることをおことわりしつつ、気をつけたいポイントをおさらいしてみましょう。

●身だしなみ

 もっともわかりやすいのは、身だしなみです。人を不快にさせる「鼻をつく臭い」、「目につく汚れ」など、不潔な要素が散見すると、「育ちが悪い」と見なされることがあります。

 汚れや乱れ...

ジャンル くらし
会員登録ボタン
8/20(土)のクイズ! ホントの話
太陽の方向を追うように花が動くといわれている「ひまわり」。その花言葉は次のうちどれでしょうか?
正解率 : 93%
今月のあなたの順位
---位
全国ランキング
今日は何の日?
8月20日(土)

関連記事

よく読まれている記事

1
世界最速の「市販車」とは?
2
「プリウス」がネットで叩かれる理由
3
「スマホが熱い」は危険信号?発熱の原因とは?
4
日本人は世界一「ホテルの〇〇が許せない」
5
外国人が困った「日本のマナー」とは?

あわせて読みたい

マイページに追加