メニュー
閉じる
戻る
閉じる

毎日読めるお役立ちコラム

テキストサイズ
DATE/ 2018.07.03

日本の物価はなぜ上がらないのか?


 2018年4月に入ってから、さまざまな商品やサービス、保険料や公共料金の値上げが続いています。生活者にとっては痛いことこの上ないのですが、それでも日銀は目標のインフレ率2パーセントを達成できず、金融政策の成果が見えないとしています。抜本的な景気回復の一つの指標として、この消費者物価の上昇が取沙汰されるわけですが、ではなぜ、日本の物価は思うように上がっていかないのでしょうか。

●社会構造の違いを浮き彫りにする日米CPI比較

 法政大学経済学部教授の小黒一正氏はその要因の一つのヒントとして、日米の消費者物価指数(CPI)の比較を行います。商品、モノ全体としてはアメリカの方がデフレ傾向にあるのですが、...

ジャンル 時事/オピニオン
会員登録ボタン
1/22(金)のクイズ! ホントの話
小学校の社会の授業で習う県庁所在地、ちゃんと覚えていますか?さて、次のうち、県庁所在地ではないのはどれ?
正解率 : 85.2%
今月のあなたの順位
---位
全国ランキング

関連記事

よく読まれている記事

1
外国人が困った「日本のマナー」とは?
2
「低収入でも暮らしやすい町」とは?
3
安いのには「ワケ」がある…激安弁当の裏側
4
日本の「経済力」は世界で何番目?
5
世界中で検索された「日本人」の第1位は?

あわせて読みたい

マイページに追加